« 弟が。。。 by ベリー | トップページ | スプという犬 »

2006年1月14日 (土)

年をとると、人間も頑固になったり、ちょっと性格が変わったり・・・
色々と変化があるんだと思う。それを自分なりに受け入れられるか、
受け入れなくても周りが許してくれるのか、その状況は十人十色。

犬の場合はどうかな? ベリーは今年10歳になる。怒りっぽいのは
もとからだけど、サージュに対しての神経質さは度を超えてきた。
今私が気づいているだけでも、サージュが水を飲む音、耳掃除を
されているときの反応、ベリーのいる部屋にあとから入るときなどなど・・・
注意事項がたくさん。
そして、それらを必要以上に怖がるサージュに、ますますエスカレート
するベリー。この風変わりな怒りのやり取りは、2年くらい前から
目立ってきたのかな。

この間に人間が入ると、ベリーがますます興奮するので、普段は
見て見ぬ振りをするわけだけど、サージュを部屋に入れるときだけは
そうはいかない。ベリーを押さえおかないと、まずサージュが
入ってこない。
手っ取り早いのは、サージュがこれから部屋に入ってくるという
気配を感じさせる前に、ベリーを押さえることだった。
ベリーが不意に押さえられて、「は?」と思っている間にサージュを
促して部屋へ入れる。一番楽チンだった。

ところが最近、「押さえられること=サージュの入室」という
図式がベリーの頭の中で出来上がったらしい。まー、いずれ
こうなることは予想はしていたけどね。
私の取り押さえ方は至って簡単。仁王立ちになって吠えるベリーを
後ろから羽交い絞めにするだけ。最初の頃は、暴れているので
掴みどころがなく苦労したけれど、ずいぶん上手になりました(笑)

子供の頃、初めて犬を飼ったときは、いずれこんなコツを
つかもうとは、想像もしなかったよ。
ベリーには、本当に色々なことを教わってます。

|

« 弟が。。。 by ベリー | トップページ | スプという犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94312/8170582

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 弟が。。。 by ベリー | トップページ | スプという犬 »