« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

ショートもお似合い♪(BlogPet)

バリも考えましたよ
短く状態とかを短縮しなかったよ
最初を短縮しなかった
こべりーは、体力などをチッコしなかった
短く状態とかを若返りしましたが、本犬がよろしくないベリーさん

お散歩時のチッコの時、足もあまり上げられなくなってきたの?
こべりーが、バリで
時間をかけることは
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こべりー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

意外に好き。

これまで書いてきたように、ベリーのキライなものを書けと
言われたら、本当にいろんなものを挙げることが出来るけど、
彼の好きなこと・好きなものって一体なんだろう? というわけで
今回はその中から1つご紹介します。

その栄えあるブツは、なんと「納豆」。納豆好きの犬は多いと
聞くけれど、うちの息子たちの中ではベリーが1番好きかも・・・。

今、フードに2種類のサプリを混ぜているせいか、あまり食が
進まないベリー。本人はお腹がペコペコで、食べる気満々
なんだけど、口に含むと途端にペースダウン。なんだか
求めていた味と違うらしい。

そんな時、フリーズドライの納豆を振りかけると、俄然美味しそうに
食べてくれるのです。
フリーズドライとはいえ、フードには常にお湯をかけるので
ちょっとネバネバが復活するけど、本人いたって満足なので、
OKです♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

独り言 by ベリー

Bt060521s


この間ここに書いたように、僕には嫌いなものがたくさんあるから、
よく「しつけがなってない!」と、べには叱られるそうです。
そのたびに、「すみませんっ!」と謝るのは大変なので、いっときは
「すみません」と書いたプラカードでも下げて(ぼくが)歩こうかと
考えていたそうです。まったく真剣味がないんだから・・・。
そんなべにを、犬飼いとしてどうなのっ??と、僕は思います。

で、こんな僕ですが、暗がりの散歩道でも、好きなモノは
見分けられます。たとえば・・・

*べにお

*べに弟

*べに母

*アネラ


それから好きじゃないけど、見分けられるモノ・・・

*べに

*サージュ

*トレス

こんな感じかな。
それにしても最近の僕の散歩は結構ハード。これ以上
下半身の筋肉を落とさないようにと、トロットで
歩かされます。マーキングにはあんまり興味は無いけれど、
拾い食いもしづらいし、サージュと一緒に散歩していたときが
懐かしく感じるな。あいつ、年寄りだからモタモタしてたし、
あちこち匂い嗅ぐのに忙しかったから、適当にサボれたし・・・。

最近は、やれ腰が悪いとか、チッコの具合が、とか
おしりが腫れてるとか、僕が年寄り扱いされて面白くない。

この間は、ハードルだって飛べたって言うのに。
証拠写真として貼っておくぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

僕のキライなもの by ベリー

僕はお散歩は好きです。でも、そこで出会ういろいろなものがキライです。
ゆっくり1人で散歩したいと思うのですが、どうしても会っちゃうんです。

そんなときは、一声指導をしていますが、一向に減らないなー、と感じてます。
そんな僕の「嫌いリスト」は・・・

*コンビニの袋をカサカサさせながら持っている人

*ヘルメットをかぶっている人

*路上で素振りをしている人

*手ぶらな人

*すごーくゆっくり歩いている人

*妙に早足な人

*じーっと僕を見る人

*携帯で話しながら歩いている人

*タクシーを待っている人

*不思議な乗り物

*そしてほとんどのワン

いつかこういう人たちに会わないお散歩コースを
ママが探してくれると思っています。

母「・・・( ̄▽ ̄;)」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

初めてのお留守番

昨日は、インギーズのトリミングの日。2匹一緒に行くので、いつもは
私にとって、安心できる自由な時間です。けれど、今回はサージュが
いなくなってからの初トリミング。ベリーも初の1人でお留守番です。

サージュ以外の犬たちは、1人で留守番をしたことがないため、
これから徐々に慣らしていかなければならないのですが、ベリーは
サージュとの付き合いも長かったので、1番心配でした。
なので今日はトライアル(?)として、私は短めの買物に出ることに。

朝、インギーズのお迎えが来たときは、すっかり自分も行けるものと
喜んでいたベリーでしたが、そうでないことがわかると、しょんぼり。
でも、私も一緒に行くわけではないことを見届けると、
安心した様子で寝ていました。

しばらくして、私も出かける準備をしだすと、今度は不思議そうな顔で観察。
けれど私の身仕度の雰囲気から、「自分が一緒に行かないお出かけ」と
いうことは理解していたようなので、とくに騒ぐ様子もありませんでした。
さらにしばらくしてから、そのままコッソリお出かけ。
2時間ほど家を空けて、家に戻りました。

帰宅してみると部屋が異様に静か・・・。いつもなら、鍵を開ける音で
犬たちの足音や、時に鳴き声が聞こえるのですが、それらは全くなし。
「???」で、恐る恐る部屋のドアを開けると・・・

ベリー、爆睡でした^_^;


鍵が開く音にも気づかず、部屋のドアが開く音にも気づかず、ついには
私が部屋に入ってきたことにも気づかず・・・ グーグー寝ていました。
インギーズがいなくてリラックス出来たのか、それともただの偶然か、
とにかくいびきに近い寝息を立てて、寝ていたのです。

留守中ずっと静かだったのかはわかりませんが、家族全員が一度に
出て行かなければ、1人の留守番そんなに負担にならない様子。
これからだんだん慣らしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

27回

Bf060122s


サージュがいなくなり、私の散歩の回数は1回減りました。順番で言うと、
インギーズ→ベリー。最近、散歩の順番に無関心だったベリーさん。
薬で腰の痛みが引いているせいか、本能の赴くままに優先順位を
アピールするようになりました。けれど、「今まで知らん振りだったのに、
急に横入りすんなよー」と、トレスが喧嘩を売るので、無駄な争いを避けるために
やはりインギーズを先に連れて行きます。この間の夜もその順番で出かけました。

出る時、ベリーが命がけで一緒に行きたがっていたので、いやな予感は
したのですが、インギーズの散歩から帰ると、近所の野球少年が
教えてくれました。「ベリー、ずっと鳴いてましたよ」と・・・。

夜な夜な素振りをしている彼の話しでは、私が家を出てから30分くらいの
あいだ、ベリーは27回の遠吠えをしていたそうです(素振りをしながら
回数を数えていてくれたらしい・・・)。

「うるさくてごめんねー、ベリーは1人で留守番したことがないのよ」と
謝ると、「子供みたいですね」なんていわれました。
近所の子には、「ベリーは怖い犬だよ」、とだけ言ってあるので、その
怖い犬が、1人が寂しくて鳴いているなんて、おかしかったみたいです(笑)

けれど、これから考えていかねばならないこの事態は結構深刻で、
必ずしも1人ぼっちのときだけ遠吠えしているわけではないベリーが、
サージュがいたときのように、どうしたらここが安全な場所で、
1人じゃないんだということを認識してくれるのか、わかりません。

スプの遠吠えは哀愁があって、個人的には好きですが、この
住宅密集地においてはそんな悠長なことも言ってはいられず・・・
早く今の環境に慣れてくれるといいのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

新たなターゲット?(BlogPet)

ほんとうは、べには
アメリカのある国立機関がネット上で公開している、『PubMed』というデータベースがあるんですが、そこの文献を元に書かれた「抗発見サプリメント」の本です。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こべりー」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

本買いました。

060430_008s

先日から痛み止めと抗生物質を飲んでいるベリー、調子が良いようです。
お散歩の足取りも軽快、チッコの足あげもちょっと高さが出てきました。

私はこの間、サプリメントの本探し。自分は使っているものの、実は
その効能にはあまり期待をしていない私(笑)
何か科学的根拠を示した本があるといいな~、と思って探してみました。

先日、その期待に応えてくれるような本を発見。
アメリカのある国立機関がネット上で公開している、『Pub Med
というデータベースがあるんですが、そこの文献を元に書かれた
「抗がんサプリメント」の本です。

このデータベース、世界最大の医療文献データベースで、900万件を
超える研究報告が収録されています。
アメリカなので当たり前なのでしょうが、英語なのが難点ですが・・・。

とにかくそこのデータを元に、親切にも日本語でとりまとめてある
本を見つけたので、それを買いました(日本語でも字が多い・・・(-_-;)

いつ読み終わるかわかりませんが、有益な情報があったら
また載せますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ファイナルイベント

GW最後の大イベントは、ベリーさんのワクチン接種でした。
本来なら、先月中にすべきことだったのですが、サージュのことも
あってちょっと延期に・・・。ちょうど変形性脊椎症のコンディションも
よろしくなく、肛門嚢に出来た、アポクリン汗腺腫瘍の経過も報告せねばならず、
なんとも憂鬱な気分で出かけたのでした。

最近復活した車酔いは、なんなくクリアしたものの、やはり病院は
怖い様子で、診察台の上ではブルブル震えだす彼。ただ、さすがに
保護者が2人かかりだったせいか、顔周りの触診は、かろうじて
させてくれました。
腰の方は前回と同じく抗生物質と痛み止めで様子を見ることに。サプリメントも
引き続きあげてみようということになりました。

問題は肛門嚢のアポクリン汗腺腫瘍。前回より少し大きくなって、
いよいよ肛門の形がいびつになってきました。腫瘍は良性とはいえ、
これ以上大きくなると、排便に差し支えるので、それが1番の心配事です。
そして、そうなってしまった場合は、やはりもう1度、患部の切除について
考えなければならないのでしょうが、当然肛門筋への影響は
避けられないため、最悪の場合「垂れ流し」状態になる可能性もあるわけです。

こうなってくると、最初にアポクリン汗腺腫瘍と診断されたときに下した
私の結論は、良か否かという天秤にかけたくもなるわけですが、あの時点で、
既に切除の危険性と不確実性(患部を開けてみないことには切除が
出来るかどうかもわからない)はあったわけで、手術の難易度の高さも聞き、
それらとベリーの年齢・性格などを考えて出した結論を、今さら
自らが覆すようなことを出来るわけもなく・・・。

「とにかく選択肢は少ないわけですよね」と、前回と同じ質問をする
私に先生は、「そうです。その時その時の最善の方法を考えていくような
感じです」と、やはり前回と同じような返答をされました。
『最善の方法』、つまりそれは単なる対処療法ですが・・・。

昨今、厚生労働省からお金をもらって調査している研究班が、
アガリクスなど、抑腫瘍作用があるとされる特定成分の懐疑性を
強く訴え始めていますが、それでも望みは捨てられません。
これから私も少しずつ勉強して、サプリメントを選んでいきたいと思います。
今この状態では、それが私に出来る、唯一の「対処療法」なので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

ショートもお似合い♪

B060506s


お腰の具合がよろしくないベリーさん。
お散歩時のチッコの時、足もあまり上げられなくなってきたので、
自分の毛にチッコがかかってしまうこともしばしば・・・

それよりなにより、今の状態でシャンプーやトリミング(とくにドライ)で
時間をかけることは、かなり体力的にしんどいはず・・・ということで
コートを短くカットにすることにしました。

最初は全バリも考えましたが、本犬が、あまりの変わりように
いじけてしまうといけないので、今回はとりあえず全体的に
短めにすることに。これだけでもずいぶん身体が軽くなるし、
ドライの時間も短縮されるはずー。

しかし、適度な長さって意外と難しい・・・。不ぞろいなところも
多々あるけれど、若返りの効果も感じられるし(笑)、
とりあえずおっけーです。 ^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

笑顔

約1年ぶりのフリーランにて、笑顔のベリーさん。

B060430_4   
  
  
  
    
楽しげに走っています♪

B060430s
   
   
 
  
ちょっと休憩・・・ 「他のみんなは何してるのかな?」

B060430_6s   
  
  
  
   
おっきな男の子にもごあいさつできました。
(本当は自分より大きな男の子は大の苦手なんです)

B060430_3s 


(Photo By トシさん)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »