« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

好き嫌い

ちょっと前に「ベリーは納豆好き」ってココに書いたような気がする。

でも、もう好きじゃなくなったみたいだー(T_T)

この間も、大根食べなかったし。

その前はカッテージチーズもプイってされたし・・・。

あんなに大好きだった氷も、この夏はあんまり食べない。

お豆腐も・・・。

そもそも食が細くなってるよーな気もしてきた。

これは気まぐれ? それとも・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

些細な出来事(?)

今日、初めての体験をした。

それは・・・

「お散歩拒否」(-_-;)

最初は行く気満々だった。最短コースの折り返し地点まで

順調にやってきたところで帰ろうとするので、もうちょっと、と

中距離散歩を試みた。そしたら・・・

四つんばいになって動かなくなった(涙)

今日の拒否の理由は脊椎の痛みではなく、暑さだろうな。

とっぷり日暮れて、アスファルトも冷えたかな、という時間に

出かけたけれど、やはり湿度は高い。最初からハーハー言ってたし。

無理に行ってもなー、と思ったので彼の意のままに。

けど、3○年間生きてきて、犬に「帰ろう」と言われたのは

初めてだったので、ちょっとショック・・・ いや、実際は大したことじゃ

ないのかな。でも、これからの季節、乗り切れるだろうか???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

マイタケ(BlogPet)

いつも、べには
よく言われるβ-「の中でも、
Dフラクションという種類のものは若干の抑腫瘍作用が
認められるとのコト。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こべりー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

頑固じじい

Hana060615_1s_1


あれこれベリーのことを書いてみたけど、一言で表すとやっぱりこれに尽きる。

「頑固」

人間もそうかもしれないけど、年をとって、さらに頑固になってきた。

スヌードを取り替えようとしても怒るし、よだれや目ヤニを拭いてあげようとしても

嫌がる。耳掃除なんて論外! 彼の中では「耳掃除=殺される」くらいなもん。

つまりそれほどの強烈な抵抗。この分じゃ、次回のシャンプー、ブラッシング・・・

どんどん難しくなるじゃん!!

私にしたら、ベリーにはきれいでいてもらいたい。でもベリーにしたら

そんなことどうでもいいのだ。それは頭ではわかっているのだけど、

やっぱりパッドの間から伸びた毛は切りたいし、アンダーコートもすいてやりたい。

年をとっても、身体がちょっと弱ってきても、身奇麗にしていた方が気持ちが良い。

なんてことは人間の発想なんだろうね。


でも、ここで止めたら私はどんどん彼の身体に触れられなくなっていく。

生後半年を過ぎた頃から、人とのコミュニケーションをとることが著しく難しくなってきた

ベリーだけど、人間の手のひらだけは、いつまでも心地よいものと思っていて欲しい・・・

という望みも、やっぱり私だけのものでしかないのだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

ベリーにとって。

歯のせいか、最近おやつが上手に食べられなくなってきました。

とても悲しいです。

磨り減っているのは前歯なので、噛むことにはさほど

差し支えないようですが、くわえることが難しくなってきたようです。

クッキーや大好きな氷・・・。どれも今までのようにはいきません。

歯を含めた口腔の治療をするとなると、ベリーの場合ハードルも

高くなります。いろいろなことに関する選択が、実のところどうなのか、

「ベリーにとって」がどういうことか・・・

私にもよくわかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

「怒り」も衰退?

最近ふと気づいたことがある。それはベリーのある行動がなくなったということ。

自分のワンの行動の理由は、普通はなんとなくでも見当がつくものなんだろうけど、

ベリーのこれは、理由が良く分からなかった。その行動とは「夜になると怒る」というもの。

様子はこんな感じ→ まず突如覚醒して唸りはじめる、そして直径1mくらいの

円を描きながらグルグル回る。たったこれだけです。

でも、このときのベリー、かなり強面(笑)。


これがはじまるとインギーズは素知らぬ振り。そして正直なサージュだけが

本当に怖がってコソコソ隠れようとするので、その行動がカンに触るのか、

ベリーの怒りはますますエスカレート。もちろん人間も、その間は

知らん振りしているのが1番の鎮静剤だったわけですが・・・。


最近この行動がまったく見られない。かつては少なくとも1日に1度、多い時は

夜でなくとも見られたこの現象が、パッタリとなくなってしまったのです。

妙な緊張が走らなくていいけれど、でも、その代わりにまた寝てるし・・・


本当にいいのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

耳掃除(BlogPet)

ネットで大きいイヤーローションを
使って掃除したい
べには、苦手とかを意味したい
べには、抵抗するのですが


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こべりー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

禁じ手

歯のせいか、サプリのせいか、ここのところ食欲すら落ち気味のベリー。
正確に言うと、食欲はあるのだけど、いざ食べようとすると「???」となって、
箸が止まる(もちろん箸は使わないけど)。

これだとせっかくのサプリも摂ってもらえないので、匂い付けに
ふりかけを使ってみることにした。もともと療法食だから、フード自体は
あまり美味しくはないだろう。けれど、なるべくそれ以外のものを
あげないで、と今まで言われてきた。とするとこれは、
ある意味「禁じ手」かな。

でも、ごはんを食べてくれなくなったら1番困るし、病気を持ちながら
どんどん年を重ねて行く彼にとって、食べることは大事なポイントに
なってくると思うから、私も少々勝手に許容範囲を緩めていこうと思う。
人間もそうだけど、楽しく美味しく食べることは、やっぱり大切だよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

だんだんと

Bf060102s


折に触れ、日記にも書いていますが、最近のベリーの様子は本当に寂しい限りです。
もちろん、色々な意味で、「その方がいいんじゃない?」と思われることもあると
思います。が、お尻を腫らせ、足取りもおぼつかず、自分の意思とは無関係に
チッコも出てしまう・・・。このところの急激な変わりようには、本当に
驚くばかりなのです。

昼間もほとんど無警戒で寝ていますし、アネラが誘う遊びも億劫そうで、
まんざらでもない感じだった以前に比べると、明らかに迷惑顔。

また、口元を見られることを嫌うので、定期的に見ることは出来ないのですが、
最近ごはんを食べる速度がずいぶん遅くなってきたので歯を見てみると、
なんだか減っているように見えます。若い頃、気づかないうちに
折れてしまったものもあるのですが、抜けるとか折れるという
感じではなく、退化しているような・・・。

そんなベリーを見ていると、さすがの私もだんだん不安になるのです。
少しぐらいなら(ほんとに少しだけね(笑)、変なベリーのままで
構わないので、いつもの偏屈さを見たいと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

マイタケ

難しい能書きは忘れましたが、以前書いたサプリメントに
ついての私なりの結論。

いわゆる一般的に言われる劇的な効果に、科学的根拠が
あるものはほとんどなく、今のところ、まだ個人差や偶然に
よる結果論のような感じでした。

その中から、とりあえず使ってみようかなと思えたものは
「マイタケ」。よく言われるβ-グルカンの中でも、
Dフラクションという種類のものは若干の抑腫瘍作用が
認められるとのコト。マイタケには、そのDフラクションが
多く含まれているのです。

これも、もちろん絶対的な効き目ではないし、与えた量が
すべて身体に吸収されるわけではないので、過度の期待は
出来ないけれど、何もしないよりはいいかな、という
気持ちで、しばらくあげてみようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

耳掃除

この世の中にたくさんあるベリーの苦手なもののうち、
「耳掃除」はかなり上位に食い込むと思います。

子供の頃からあまり好きではなかったけれど、年をとるに
つれていっそう頑なになってきて、行う私にとっては
ある意味スリリングでもあります^_^;
けれど以前ここでも書いた通り、耳の中が異常に毛深いので、
これからの時期はとくに蒸れやすい! なので5月も半ばを
過ぎた頃から、毎日のように耳掃除をしてきました。

お友達に教えてもらったアルコールフリーのイヤーローションを
使って掃除するのですが、最初の数日、私のアクションは
ほとんど猛獣使いでした(笑)

ところが昨日・今日と、抵抗する姿勢が若干緩んできた兆しが・・・
ちょっとは気持ちいいと思えてきたのかな?
そうだと良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »