« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

食(お野菜編)

いま、ベリー達のフードに混ぜているお野菜はこんな感じです。

↓↓

Food061129s

この日はキャベツ、小松菜、空芯菜、にんじん、りんご、レモン果汁。

分量は適当、大きさも適当に切ってミキサーでつぶします。

するとこんな感じに・・・

↓↓

Food061129_1s

けっこうおいしそう(?)でしょ。

これを普通の製氷皿で4皿分作り、冷凍。

3匹の朝晩で、約1週間分になります。

不思議なことにアネラは、そのままあげても食べない野菜を

こうすると食べるんです。あ、りんごが入っているので甘みが

あるからかもしれませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

診察室へもおずおずと入っていきました(BlogPet)

今日、べにが
ベリー、しばらく会っていなかったからか、
最初の頃の喜びぶりはどこへやら、尻尾を丸めて生つばゴックン(鼻)
診察室へもおずおずと入っていきました。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こべりー」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

鼻隠し

べに地方もすっかり寒くなってきました。

それでもまだあの「セーター」の出番には早いので、

「まっぱ」のベリーさん、そのままワシワシと散歩に行っております。

ところで犬は鼻が濡れていますよね。あれってやっぱりピンポイントに寒いんでしょうか。

我が家のワンのうち、ベリーは(サージュもでした)、この時期になると

決まって鼻を隠して寝るんですよ。


こんな風に ↓↓

B061126s

これはお昼寝の姿ですが、夜もそうです。

でもインギーズはしないんですよね。

不思議なものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

完成♪

先日載せたセーター、やっと糸始末をしました。

編み物はこれが面倒くさくてね・・・^_^;

で、さっそくベリーに着せてみたわけですが、

本人なんだか不服そう。

写真を撮ろうにも、まるで非協力的。


呼べども呼べどもそっぽ向き ↓

B061123s_1


やっと前向いたと思ったら、即行寝る体勢。 ↓

B061123_2s


うーん、着心地はどうなんだろう・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

嫌がらせ

ベリーがマルガリータにしてから数ヶ月。

夏が過ぎ、秋が来て、冬間近。

先日の診察でも、「毛、伸びましたね~♪」とは言われたものの、

さすがに真冬は寒かろうと、ふと思い立つ、手編みのセーターを作ろうと。

(べにおには「いらない!」と断固反対されたよ)


こう見えて、編み物だけは人並みに出来る私。とはいえここ数年は

遠ざかっていたので、とりあえず本屋へ。小型犬の編み図を参考に

ベリーサイズを起こし直し、編んでみた。

が・・・

勘が鈍ったか、ちょっと小さい感じ・・・(-_-;)

まだ糸始末が済んでいないので、きっちり着せていないけど、

ベリーきっと嫌がるだろうな~。


↓これがその代物。

Goods061119s


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

免疫療法3回目

今日は免疫療法の第3回目でした。

待合室でいつものように待っていると、久しぶりにベリーのお気に入り、
Y先生の声が。ところがベリー、しばらく会っていなかったからか、
最初の頃の喜びぶりはどこへやら、尻尾を丸めて生つばゴックン(苦笑)
診察室へもおずおずと入っていきました。

そして待つこと小1時間、診察室からは、小躍りしながら出てくるベリーが。
先生にお世話になったことを思い出したのか、新たに可愛がって
いただいたのかはわかりませんが、今回も無事にリンパ球接種が済んでよかったです。


ところでこの免疫療法、以前にも書きましたが、まだあまり確立された
治療法ではありません。なので価格も方法も未だに試行錯誤のところがあります。
ちなみにベリーがかかっている大学病院では、1回10万円~12万円、
5回で1クールです。

先生がおっしゃるに、この回数はあくまでも人間の場合になぞらえているに過ぎず、
これが絶対という科学的根拠があるわけではないそうです。
私が聞いたところでも、他の病院ではワンクールが6回だったり、3回だったり・・・。
また、価格も違ってくると思います。

そしてこの価格ですが、今回新たに朗報が! 今までは、1度の採血から、
1回分のリンパ球を培養していたのですが、実はこれにも個体差があるわけで、
1回分の採血で、3回分のリンパ球が培養できる可能性もあるとのこと。
そうすれば当然1回のリンパ球接種にかかる経費が削減でき、
負担が軽くなるとのお話しを受けました。

ただしこれもやってみないとわからないとのことで、今まで2週間かけて培養していた
リンパ球ですが、次回は3週間を目安に、複数回分のリンパ球培養を目指す
ということになりました。ベリーの場合、これまでの培養程度はそれほど
悪くはないといった感じで、ズバ抜けてたくさん育っているわけでもないそうです。

なので私は、これからも食事の面から免疫力増強に努めようと思います。(*^^)v


追伸:今日の腫瘍科診察で出会ったワンちゃんたち

黒ラブちゃん
Mダックスちゃん
パピヨンちゃん

みんな頑張ろうね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

続・耳が。

B061112s_1

・・・ん??

お耳の続編を書こうと思ってやって来たら、「こべりー」が何やら良いこと書いてるじゃん。

一応成長しているね。


ところで耳・・・。掃除を毎日行おうと、だましだまし頑張ってますが

やっぱりこちらも毎度のこと、逃げ足が速くなってる。

しかも耳をふさぐすべも覚えた(-_-;)

ここまで嫌がっていることを無理にやるのは難易度が高いので、1度ブレイク。

だいたいこういう雰囲気を察知されるのがタブーというのは

ベリーとのお付き合いにおいては基本中の基本。

なのに気づかれるなんて、最近ドンくさい@わたし ( ̄◇ ̄;)


写真:懸命に耳をふさごうとするベリー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

金曜日当日と(BlogPet)

前に再発・
転移の体内で

ブイブイ言ってもらうよう、遅い感じなどを注射しなかったリンパ球に、ベリー


その後の可能性があることは否めません


幸いにも進行性のガンでなかったよ
食欲とかを影響しなかった
活性化したベリー


その後の様子は安定しています


金曜日当日と、翌午前中くらいはだるそうにも見えました?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こべりー」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

耳が。

もう11月も中旬だというのに、ベリーの耳が汚れます。

一緒にカユカユも出ています。定番ですね、この組み合わせは^_^;

例年ならこの時期はもう落ち着いているはずなんですが、

やはり暖かいのでしょうか。

現在、病気の治療の関係で、ステロイド等の薬が使えないため、

ひどくならないように気遣ってはいますが

正直難しいですー。

来週から、関東地方も少し冷えるようなので、

ちょっと様子を見ますかね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

免疫療法2回目

B061106s

昨日は免疫療法の第2回目。

べにおと行ってきました。

初回、ちょっとだるそうにしていた以外に、悪い影響はなかったベリー。

今回も引き続き投与することになりました。

治療といっても効果の現われが遅いうえに、目に見えて

効き目がわからないこの療法。

正直なところ今でも迷うこともあり・・・です。

今回の所見ではまだ再発・転移も見られず、とりあえずは

順調なんだろうと思います。

来月はベリーの10歳の誕生日。楽しく迎えたいです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

九州のばあばが来たよ  by ベリー

きょう、べにおははが来たよ、九州のばあば。

「ばあばは犬がにがてだよっ」て、べにからいつも聞かされているのだけど、

サージュの代わりにはりきってあいさつに行ってみた。

そしたらばあばがすごくおどろいて、「前はこんなに近よってくれなかったね」

っていった。そいであたまをナデナデしてくれたんだー。

べにもびっくりしてたけど、ばあばはちっともこわい人じゃなかったし、

そのあとは、ぼくもいつものばしょでのんびりねられたよ。

トレスの方がしつこくしておこられてたな!

おとこは引けぎわがかんじんなのさ♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ちょっと嬉しいこと♪②

ベリー、最近、むぎゅーっと抱きついても(あまり)嫌がらなくなった・・・気がする。

抱きつく相手の定番は、やっぱりサージュだったのだけど、

いなくなっちゃって不可能に。

インギーズは抱きつこうとすると「だっこ だっこ」とクルクル回転して

背中をこっちに向けてくるし・・・(-_-メ)


フカフカの大きなワンは、抱きつくのにちょうどよい@結論

ベリーはマルガリータだからフカフカでもないし、おっきくもないけど

抱きつかせてくれることはおっきな進歩です、うんうん!

何しろ以前は思い切り唸られてましたから・・・

またちょっと、仲良しになれたかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »