« ご挨拶に行ってきました。 | トップページ | 再診日 »

2009年8月16日 (日)

生きること

 

生き物の持つ本能のなかで、「生きる」という果てしない挑戦は、もっとも美しく崇高である -

と、昔何かで読んだことがある。

 

しかしそれは時に苦に満ち、悲を生む。

何が正しく、どこを目指すべきなのか、私たち人間は悩み、迷う。

 

そしていずれ限界を置き、己の意思を持って、挑戦を止めることすらできる。

それを責める整然たる理由を求め、人はまた迷う。

 

ところが彼らは、「生きる」という挑戦を、決して自ら断とうとはしない。

今ここにあるものが喜であろうと、悲であろうと、

それがすべてであり、正である。

 

ならば私は、彼らの生を請負い、微力であっても手を貸そう。

そして助けが不要になったとき、

静かに見送ろう。

 

それが愛する者への感謝と敬意であるから。

 

なんて・・・

思えればいいけどね  ( ̄▽ ̄;)

 

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

|

« ご挨拶に行ってきました。 | トップページ | 再診日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94312/45929664

この記事へのトラックバック一覧です: 生きること:

« ご挨拶に行ってきました。 | トップページ | 再診日 »