« 時々思うこと | トップページ | お別れ »

2012年12月13日 (木)

2回目の大学病院

今日はフレディの2回目の大学病院通院日。

結果からいうと何の変化もなし。

つまり血液検査のもろもろの値はよくなっていない。

相変わらず詳しい検査ができないということだ。


そして気になることに体重が戻らない。

入院して2kg減り、帰宅してから1kg減ったことになる。

しかも食事は普通にとっているのに。



そして今後はどうするか・・・

強い薬を使い始めてずいぶん経つので、これ以上使い続けることは難しい。

となると残りの方法としては、一か八かで脾臓を摘出すること。

けれど手術の危険性は相変わらず高いし、手術が成功したからと言って

症状が改善される保証はまったくない。

さていったいどうしたものか。



このまま何もかも止めることも選択肢の1つだろう。

犬は人間とは違う。だったら命ある今が、少しでも快適な方がいいのではないか。

これは「その時」が近づいてくると、いつも思うことだけれど。


フレディはあれだけの量の薬をずっと飲み続けている。

ご飯に混ぜると気付くので、人間が1つずつ口に運ぶ。

もちろん放り込んだくらいでは飲んでくれないので、

舌の奥の方へ押し込む。


フレディ自身はもちろん、こんな楽しくない作業を朝晩やるのは人もつらい。

それでも治るのなら我慢のしがいもあろうものが。

そろそろ決めてあげなければ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 時々思うこと | トップページ | お別れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94312/56313706

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の大学病院:

« 時々思うこと | トップページ | お別れ »