« 2回目の大学病院 | トップページ | 最期の夜 »

2012年12月15日 (土)

お別れ

フレディ、明け方亡くなりました。

ずっと上向き調子で、昨日は先生と脾臓摘出手術の日取りを相談しました。

残念でなりません。




|

« 2回目の大学病院 | トップページ | 最期の夜 »

コメント

頑張ったね、フレディも、家族も。
不思議な話なんだけど、寝ているパパの側で
今はもう無理せずに家に帰らず、楽に過ごせる
時間を増やしてあげましょうって主治医の先生が
おっしゃて、明日から私も午前中から病院に行く
事にしようと決めていたのね。
そしたらその日の夜にあんなに息が苦しかったのに
眠るように急に逝ってしまった。
色々な想いはあるんだけど、これが彼の意志だった
のかなって。
寿命と言えばそうなんだろうし、自身でどうする事
も出来ない事だろうに、私は何か本人の意志を感じ
てしまったんだよね。
何かフレディもそうだったのかなって
一度もカッコいい君に会えなかったけど、おばちゃん
忘れないよ。
よかったら向こうでおじちゃんと遊んであげてね。

投稿: ギグルママ | 2012年12月15日 (土) 18:31

ギグルママ

本当にあっという間だったよ。

とりあえずの治療は時間との戦いで、すべて後手後手になってしまって。
それでもなんとか快方に向かっていたんだ。

木曜日の朝からちょっとおかしくて、昨日の朝、急に元気がなくなったので、一日早めて病院に行ったんだよね。
「また明日連れてきますね」って言って病院を出たのだけど。

そうだね、本人の意志かもしれないね。
それなら私が納得できなくても仕方がないよね。
だって自分で決めたのだから。
ゆうべ、他の犬は気づいてたみたいなんだ。
とくにいつも隣で寝ているクラージュが。
犬同士だから、早く意志が伝わったのかも。

フレディに伝えるよ、パパのこと。
トレスとアネラもかわいがってもらった
優しいパパがいるってことを。

ありがとうね

投稿: べに | 2012年12月15日 (土) 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94312/56324017

この記事へのトラックバック一覧です: お別れ:

« 2回目の大学病院 | トップページ | 最期の夜 »