病院

2009年7月 8日 (水)

緊急入院

 

昨夜はほとんど寝てくれませんでした。

そんな状態で朝を迎えたので、もちろん劇的に様子が好転するはずもなく、

朝ごはんはまったく食べてくれませんでした。

その後私は外出。それでもなんだか心配で、早めに帰宅すると

ベリーは朝と同じような場所で横になったままでした。体勢は少し変わっていたので

多分トイレに行こうと立ち上がったんだと思いますが、倒れてしまい、

いつもなら起き上がれるところが、起き上がれなかったようです。

 

これはヘルニアの影響のない、前足もうまく使えないんじゃ・・・?

と思いつつ起こしてみると、やっぱり後ろの支えだけでは立てませんでした。

そして、水が飲みたそうだったので、水入れの場所まで連れて行っても、

ぼんやりするだけで、反応があまりなく。

 

仕方がないのでシリンジで歯の間から水を流し込もうとしたら、

歯茎に血の気がない・・・

よく触ると鼻も手足も冷たい。これはまずいと思い、とりあえずかかりつけ医で

輸液をしてもらおうと電話をしたのですが、こんな日に限って担当医が公休。

結局腹を決めて大学病院へ電話しました。

(今日は担当医の外来日なので、多忙だろうと躊躇していのたです)

 

先生は電話口まで出てきてくださり、事情を説明すると

「全身状態を調べるので連れてきてください」と

言ってくださいました。

 

夕方の忙しい時間に(預かり検査や治療の子のお返しが夕方なので)、

申し訳ないな、と思いつつもズリズリと連れて行きました。

 

その結果出た診断は

 

DIC (播種性血管内凝固症候群) でした。

 

簡単に言ってしまえば、体中の血が固まろうと働き出す病気で

血栓があちこちに出来てしまうんだそうです。そしてたちが悪いのは

内臓疾患を伴うことが多いとのこと。

 

ベリーの場合、数値から見ると、腎臓がかなり悪くなっているようでした。

 

私が2,3個前に書いた日記に、おしっこが変だという内容が

あったのですが、きっとこのせいだったんですね。

 

さらに先生の説明によると、この病気は何らかの基礎疾患があって、

合併症として起こるものらしいです。

ベリーの場合は、それがガンということになります。

 

皮肉なことに、一緒に撮ってもらったレントゲンはとてもきれいで、

2か月前のそれと何ら変わりはありませんでした。

 

結局、基礎疾患を叩かないことには、根本的な治療にはならないわけですが、

このまま放っておいては危ないということで、対処療法的処置で

どのくらい効果があがるかという試験的治療も含め、急きょ入院することになりました。

 

それでも、仮にもしちょっと元気が戻ったとしても、以前のようにはならない、

むしろ苦痛を伴うのではないかというのが、先生の見立てでした。

 

またもし対処療法を続けるとしても、腎障害の方は在宅点滴でも可能だが、

DICの方は、入院加療が必要。そしてその間に亡くなることも、

十分に考えられるとのことでした。

 

とりあえず本来の診察日であった明日、面会にいく予定なので、

私も頭を整理したいと思います。

 

今日はベリーが食べられそうなものや、お世話で使えそうなものを、

たくさん買い込んできました。

でももう無理なことは望みません。

気は小さいけれど、辛抱強い子です。

どうか苦痛だけは与えないでほしいと願うばかりです。

 

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

予約を取りました。

 

B090507_2s  

 

最近の陽気のように、状態が不安定なベリーですが、来週、CT検査の予約をしました。

先日のレントゲンでは、腸骨下の転移箇所に異常は見られなかったものの、

右後肢付け根からのむくみには、ステロイドも反応しなくなり、

ナックリングも少し良くなったとはいえ、まだまだ見られます。

 

先生の所見では、血管等を巻き込んで、新しい腫瘍ができている可能性も

あるとのことでしたので、足の状態の原因が、腫瘍のせいなのか

ヘルニアのせいなのかをはっきりさせたい、と言ったところでしょうか。

 

とは言え、むくみが出てすぐにCTを撮らなかったのは、

麻酔に対するリスクも考えたからで、気持ち的には釈然としないのも事実です。

今さら・・・とも思うのですが、全身状態があまりよいとは言えないので、

先生にもできたら無麻酔で、とお願いしたような状況です。

(ベリーが元気がないことにより、限りなくおとなしかったら、という前提つきですが)

 

またこれによって原因が特定されたとしても、実は治療の選択肢は

ほとんどないのですよねぇ。

なので予約したとはいえ、結構迷っております。

 

そうそう、放射線の副作用から復活したベリーのコートですが

皮膚状態も良くないことですし、これからの季節も踏まえて

全バリしちゃいました ^^;

きちんと立てないので、とても大変でしたが・・・

(剃り残し多し)

 

それでもシャンプー時の負担も減るでしょうし

良しとしましょう♪

 

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

ベリーの底力

 

B071001_1s_2  

 

病院に行ってきました。

 

とりあえずむくみの原因を探るためにレントゲンを。

しかし

5月に撮ったそれと何ら変わりがなく、転移したガンの大きさも不変。

と同時に、

右後ろ足のむくみがすっかりとれ、

先生もびっくり。

 

ベリーのガンは、一般的にはステロイドが効くとはされていないので、

服用によってガンが小さくなったとは考えにくいとのこと。

では

むくみの原因は何だったのか?

先生も首をかしげます。

 

とりあえず、今回のレントゲンで何か問題があれば、

CT、MRIとやって、放射線再照射もありか、と考えていたのですが

この状態では、局所的な治療が現状維持のためにそれほど必要ないのではないかと・・・

 

ただ全身状態が良いので、今のうちに治療を受けさせるというのも

1つの選択肢ではあると。

 

こうして書くと良い雰囲気のようにも取れますが、

逆に言えば、転移箇所がここだけではないので、直接的に

問題がないのなら、無理に治療しなくてもよいということでもあります。

他が悪さしてきたら、意味がないので・・・

 

それでも

何がベリーの力になっているのかはわかりませんが、

文字通り、ガンと闘ってます。

 

検査中、3年前に手術をしてくださった外科の先生に

偶然会ったそうです。

その先生もたいそう驚かれ、「頑張ってるね」と

声をかけて下さったとか。

 

ちょっと調子が良いと、無理をするのが玉に瑕ですが・・・ ( ̄▽ ̄;)

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

フィラリア

 

Bf090530_1  

 

かかりつけ医に

フィラリアのお薬をいただきに行ってきました。

 

今回のお伴は ↑ の2匹です。

 

アネトレは検診やら混合ワクチンやらで事前に行く機会があったので、

今回はお薬だけを出してもらいました。

 

フレディが帰ってきて、久々の4頭分。

でかいだけに懐にはなかなか辛いところです。

 

こうして2匹並ぶと、

若く見えていたベリーもすっかり老けこみました ^^;

でもこの方達、

案外仲が良いんですよ♪

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

我が家の最高齢

 

今日は久しぶりにベリーの病院でした。

もう私としてもあきらめている部分があって、

これ以上良くならないことは分かっているし、

とにかく穏やかに日々過ごせればいいと言う気持ちが強いです。

 

望むことは、苦痛をさけて通れる選択肢があること。

まぁ、これが一番難しいのだけど。

 

今は放射線後の空白期間で、積極的治療は何もしていません。

それだけに病院へいくたび、どの程度進行しているかを

知らされることが怖いわけです。

 

ところが、今日の検査結果はいたって良好で、

大きくなりかけていた鼠径リンパ節の腫瘍も気持ち小さくなっていたそうです。

皮膚の状況も、ヘルニアの観察を優先して、途切れがちなシャンプーに負けず

それほどひどくないとこのと。

その説明を、とても不思議な気持ちで聞いていました。

 

ベリーは病気を抱えながらも、3年前に亡くなったサージュを抜いて、

我が家の最高齢になろうとしています。

すごいパワーです。

 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

ビタミンB12

 

ベリーの病院へ行ってきました。

あまり変わらないヘルニアの神経症状に

先生と悩んできました ^^;

 

手術以外で対応できそうなこと、

お灸やハリ、サプリなどを中心にやっていってみてはどうか、という案も出ました。

 

ただ、

大学病院では東洋医学は専門外なので

やはり連携がとれないのですよね。

ハリと言っても、ちかくに転移があることが

怖い部分でもあります。

 

とりあえず、今あげているコンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンに

ビタミンB12を加えてみることになりました。

人間の肩こりなどにも効くという、末梢神経に作用するというやつです。

 

合うといいなぁ。

 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月15日 (日)

薬の変更

 

B090213  

 

(だいぶ毛が伸びましたよ happy01 )

 

さて病院に行ってきました。

今回は転移相の検査、皮膚の検査、ヘルニアの様子報告

と、盛りだくさんでした。

 

腸骨下の腫瘍は大きくなっておらず、ホッと一安心。

皮膚もまぁまぁ。

で、

問題なのはヘルニア。

 

鎮痛剤では痛み以外の何か(?)がとれないらしく

本人不機嫌。

先生曰く、

 

「ストレスでしょう」

 

いや、人間の方がけっこうストレスなんですけど・・・ ( ̄▽ ̄)あはは

 

とはいえ、トレスに当たり散らしたり(なぜかアネラにはしない)、

何時間も吠え続けられても困るので

お薬をステロイドにシフトすることに。

それ+気休めサプリメント。

でも、

コンドロイチンは、人間でもその効能が証明されているサプリらしいので

ちょっと期待。

 

若くて他機能が健康ならば

手術という選択肢もあるのでしょうが

場所が腫瘍とかぶってしまうため、それは不可能。

できることをやっていきましょう。

 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

皮膚科の受診

 

今回の通院は、皮膚科のためだけでした。

もともとベリーの行っている大学病院には、皮膚科の外来はないのですが

専門の先生はいらっしゃるようで、いつも丁寧かつ大胆(笑)に診て下さいます。

 

本日も「まないたの上の鯉」のような感じで

神妙に診察を受けてきたようです。

 

皮膚の調子はまたよくなっており (ベリーは薬の効果がすぐ出るので、わかりやすいらしい)、

またシャンプーを頑張ってください♪、と言われました。

このくらいの状態になってくると、本当ならもう放っておきたいずぼらな我が家ですが、

(いつもならそうしていた)

病院にかかっている以上、ご辞退するわけにもいかず、

なんとなく皮膚の治療にもまじめに取り組んでおります。

 

がんばりましょう。

 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

フルコース

 

病院へ行ってきました。

久しぶりの検査です。

MRIを撮るとは事前に聞いていたのですが、

「ついでにCTも撮りましょう♪」

という先生のお言葉。

ついでって・・・  ( ̄Д ̄;;

おかげでMRI、CT、血液検査、皮膚、耳のフルコースになってしまいました。

 

検査結果は前回とほぼ変わりなく

とりあえず転移相も成長はしていませんでした。

なのでベリーの腰の痛みは

やはり椎間板ということに。

それがMRIでよくわかりました。

 

本来ならば手術が一般的なんですが、その近くに転移した腫瘍があるため

ベリーにとってはあまり得策でないと考えられ・・・

鎮痛剤で様子をみることに。

 

お耳の方は、ちょっとお掃除をさぼったので荒れてました。

また、シャンプーとお掃除を地道に頑張ります。

 

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

お薬のみ

 

年末にもらった鎮痛剤が効いているので、

次の通院まで、それで通してみましょう、ということになり、

足りない分をもらいに病院へ。

 

ところが年明けで先生も忙しいらしく、全然連絡が取れない coldsweats01

こちらから電話すれば検査やら実習やら・・・

とはいえ私も出先なので、かけなおしていただくわけにもいかず。

 

一番迷惑をこうむったのは、病院の受付の電話交換の方だったかも。

何度も電話し、先生のスケジュールが変更になるたびに確認してもらい・・・

おかげさまでお薬いだだけました、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧